スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CoRichブログランキング web拍手 by FC2
 
スポンサー広告  | [ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)

大島優子、第2回AKB48総選挙で逆転1位エースの座に!【2011年 カレンダー】

大島優子 2011年 カレンダー

第2回AKB48総選挙で31,448票獲得。逆転1位エースの座に!
大島優子(AKB48) 2011年 カレンダー大島優子(AKB48) 2011年 カレンダー
(2010/10/06)
不明

商品詳細を見る

大島優子のグラドル画像検索
大島優子の画像を探す(ranking)
大島優子の写真を探す(ranking)
大島優子の動画を探す(ranking)
大島優子の関連記事を探す(ranking)
大島優子の記事を探す(ranking)

当サイトはかわいい厳選アイドル「大島優子」ちゃんのDVDや動画・画像を紹介しています。続きは以下をクリックで大島優子ちゃん情報が満載!!

AKB48 2010総選挙で第1位となり、見事エースの座を捉えた大島優子の、多忙な日々を送る中でのほんの束の間のロスアンゼルスの旅に完全密着したDVD「大島優子 君は、僕のもの」
アイドルとして、女優として、メキメキと頭角を現している大島優子は、映画の都ハリウッドで何を感じたのか?
撮影は、ロスアンゼルス市内、ハリウッド、ロス郊外の古いモーテル、アパートメント、ハイスクールから、マリナ・デル・レイなど西海岸的な海。そして、砂漠に向かう途中にある、湖だった場所が干上がってできたドライレイク、大きな岩とサボテンの仲間のジョシュアツリーのみが生い茂る幻想的な空間など、大島優子の様々な魅力を引き出すにふさわしい、様々なシチュエーションで敢行!
壮大な光景に、心が大きく揺さぶられながらも、それぞれの場面で、少女のような可愛らしさ、大人の女性の艶、そして、天女のような美しさを、カメラの前で見せてくれた大島優子。ひと際輝き出す魅力、彼女の女優としての存在感の大きさを感じるでしょう。

大島優子(おおしま ゆうこ、1988年10月17日 - )は、日本のアイドル(女性アイドルグループ「AKB48」チームKメンバー)。太田プロダクション所属。栃木県立壬生高等学校卒業。愛称は、「ゆうこ」「コリス」。

1996年頃よりセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を始める。
2000年頃からジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE ALFEEの高見沢俊彦がサウンドプロデュースした総勢25人のジュニアアイドルユニット、「Doll's Vox」に所属していた。それ故に芸歴はAKB48全メンバーの中で最長である。
2006年2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。オーディション直前までジュニアアイドルとしての活動を続けていたが、2006年4月よりAKB48の旧チームKの一員として新たなスタートを切った。
2007年7月、同じAKB48メンバーである前田敦子、小野恵令奈(現在は卒業)と共に太田プロダクションに移籍。

キャッチコピーは「変幻自在のエンターテイナー、大島優子です」
スノーボードが好きで9歳の頃から滑っている。
高校時代にはバンドを組んでおり、パートはベースであった。
本人は明言していないが、クオーターである(父親が日本人、母親が日本人とアメリカ人のハーフ)。

自身のソロ曲である「泣きながら微笑んで」を持ち歌としている。お気に入りのAKB48の楽曲は、チームAの「背中から抱きしめて」である。
愛称は同姓の大島麻衣(現在はAKB48を卒業)がいたため、通常は『ゆうこ』だが、名前が小倉優子に似ていることから、小倉の愛称「ゆうこりん」から取って『コリン』、そこから訛って『コリス』(小さいリスの意)とも呼ばれている。
旧チームKで一緒だった梅田彩佳、松原夏海、野呂佳代らとダンスグループ「梅島夏代」を組んでいる。
AKB48メンバーでは小嶋陽菜と宮澤佐江、秋元才加、SDN48メンバーの野呂佳代とは非常に仲が良い。

大島優子 画像 動画

大島優子 画像 動画

大島優子 画像 動画



関連記事
CoRichブログランキング web拍手 by FC2
 
大島優子 大島優子 | あ行のグラドル [ 2010/10/14 20:20 ] TB(-) | CM(-)
ブログパーツ アクセスランキング
グラドル検索

カスタム検索

グラドルカテゴリ
最新アイドルDVD
アイドルカウンター
フィードメーター - グラビアアイドル画像/写真/動画コレクション


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。